ホーム » 節約できるかな? » 車安くできるかな » 自動車事故泣き寝入り対策 » 【自動車事故の泣き寝入り対策できるかな?】なんで?保険会社が示談交渉してくれない! -保険会社の非弁行為について-
a

【自動車事故の泣き寝入り対策できるかな?】なんで?保険会社が示談交渉してくれない! -保険会社の非弁行為について-

自動車事故 示談交渉 節約できるかな?
Google Ads – upper
スポンサーリンク

このシリーズでは自動車事故の泣き寝入り対策についてきちほーしが調査したことをお話します。

今回は、保険会社が示談交渉してくれないケースについてお話します。

基本的に保険会社は加入者の味方なのですが、それでもできることとできないことがあるのです。

自動車事故の示談
Google Ads – middle of contents

はじめに

どうも!きちほーしです!

とうとう念願の自家用車を手に入れました!

なるべくコストを安くカーライフを送りたいですが、事故のコストも無視してはいけません。

しかも100%被害者でも泣き寝入りの可能性があるということがわかりました。

それはたとえドラレコでバッチリ加害者の様子を撮影できていたとしてもです。

このシリーズでは自動車事故の泣き寝入り対策についてきちほーしが調査したことをお話します。

今回は、保険会社が示談交渉してくれないケースについてお話します。

多くの場合は示談交渉を保険会社に依頼できる

対人賠償責任保険や対物賠償責任保険に示談交渉サービスがついている場合は、保険会社に交渉の代行を依頼することができます。

仕事が忙しくて示談にあまり時間をさけない場合は示談交渉サービスを利用すると良いです。

基本的に示談交渉サービスがあると思いますが、念のため加入している保険に示談交渉サービスがあるか確認したほうが良いでしょう。

保険会社もむやみやたらに保険金を支払いたくないので示談交渉には積極的に応じてくれるはずです。

ただ、それでも保険会社が示談交渉に応じれないときがあるのです。

被害者が過失割合0と主張すると保険会社は示談交渉できない

結論を先に言うと、被害者が過失割合0と主張している場合は保険会社が示談交渉できません。

というのも、自動車事故について示談交渉できるのは弁護士・弁護士法人か事故の当事者に限定されているからです。

被害者にもある程度過失割合があれば保険会社は相手方に支払うべき損害賠償責務を負うことになります。

そのため被害者側の保険会社は「事故の当事者」として認められるのです。

逆に言うと被害者の過失割合が0である場合は「事故の当事者」としては認められないため、被害者側の保険会社は示談交渉ができないのです。

加害者側はもちろん保険会社が示談交渉してくる

当たり前ですが、こちらの過失割合が0ということは相手の過失割合は10です。

つまり加害者側は保険会社が示談交渉してくるのです。

あきらかに被害者の過失割合が0であったとしても、加害者側の保険会社は被害者の過失割合をあげようとします。

被害者の無知につけ込んで色々難癖をつけるんですね。


過失割合が0の場合は弁護士へ

このように、被害者の過失割合が0の場合は被害者側の保険会社が示談交渉に参加することができません。

一方で加害者側は保険会社が示談交渉してきます。

もし過失割合が0と主張する場合は百戦錬磨の保険会社に孤軍奮闘することは避け、プロに相談したほうが良さそうです。

有料の弁護士や無料の相談所があるので活用しましょう。



そしてイザ示談を進める際には弁護士に委任契約すると良いです。

自動車保険の弁護士特約に加入して弁護士費用をカバーしましょう。

(余談)非弁行為とは

上の方でも書きましたが、自動車事故について示談交渉できるのは事故の当事者と認められた者以外では弁護士・弁護士法人だけです。

弁護士・弁護士法人以外が被害者を代理して加害者側との間で示談交渉することは「非弁行為」と言い、禁止されています。

(広告)

国内最大級の保険比較・相談サイト【保険コネクト】


保険相談をもっと身近に保険コネクト

保険コネクトは保険の相談をしたい方と、
全国の保険販売資格者 or FPをマッチングさせるサービスです。

知人や営業マンから勧められたままに保険に加入した結果、
余計な保障が付いた保険料が高い保険に加入したり
必要な保障が付いてない保険に加入する問題がよく発生しています。

保険コネクトの提携FPに保険の相談をすることで
無駄な保障を省いたコストパフォーマンスの高い保険や
保険の加入目的を叶えられる最適な保険が見つかるかもしれません。

保険見直しラボ


忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

・全国約60拠点と訪問型保険代理店では最大級!
・約30社の取扱保険会社(他保険代理店と比べてもトップクラス)から、
 お客さまにピッタリの保険をオーダーメイドできる。
・平均11.8年と競合他社(他保険代理店、他FP紹介サービス)の中では
 NO.1のベテランFP揃い!
・何度でも無料で相談できる。
・強引な勧誘は一切しません。

楽天Car買取査定で1500ポイント


楽天の愛車一括査定!
愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天の中古車一括査定サービスです。
一括査定を依頼したお客様にもれなく楽天スーパーポイントをプレゼントする大変人気のサービスです。

愛車を売る前に一度楽天Carに査定を申し込んでみてはいかがでしょうか?

廃車買取のカーネクスト


廃車買取カーネクスト

廃車買取のカーネクストです。

カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

カンタン・無料の買取査定ネットワークの【一括査定.com】


【JADRI公式】一括査定.com

複数の査定サイトや車査定サイトが加入している日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイトです。
加入している査定会社の数は、他社は40社前後ですが、当サイトは70~80社前後ございます。
しつこい車査定会社等がいた場合の、クレームの窓口もございます。

おわりに

いかがだったでしょうか?

今回は、保険会社が示談交渉してくれないケースについて、以下のことをお話しました。

  • 多くの場合は示談交渉を保険会社に依頼できます。
  • ですが、被害者が過失割合0と主張すると保険会社は「事故の当事者ではない」とみなされ示談交渉に参加できなくなります。
  • 加害者側はもちろん保険会社が示談交渉してきます。被害者の無知につけこんでとうてい納得できないことを被害者に飲ませようとします。
  • 過失割合が0の場合は弁護士特約を利用して弁護士へ相談したほうがよさそうです。

カーライフを営む以上もはや自動車事故の関わるコストも避けられないでしょう。

無用なコストを出さないように日頃から勉強しておくことが大事だと思います。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました