ホーム » 知的障害支援できるかな? » 療育 » 【自宅療育できるかな?】数の大きさを視覚的に教える -書籍「誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」のご紹介5
a

【自宅療育できるかな?】数の大きさを視覚的に教える -書籍「誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」のご紹介5

その他
Google Ads – upper
スポンサーリンク

このシリーズではでは、療育の書籍「誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」についてグッと要約してお話します。

発達の遅れで子どもの困った行動にお悩みの親御さんはぜひご参考ください。

今回の記事は、数の大きさを学ぶ療育教材についてお話します。

なお、紹介書籍には説明が省略されているところも多々あるので、随時きちほーしの解釈を追記している場合もあります(追記していることは明記しています)。

ご了承ください。


Google Ads – middle of contents

はじめに

どうも!きちほーしです!

きちほーしの子ども、キチノは知的障害を持っています。

キチノはお金や時間のような、生活する上で基本的なこともなかなか理解できていません。

なんとかキチノに理解させたい。

そう思い、きちほーしは書籍「誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」を読んでみました。

このシリーズでは、この書籍について、その概要と、きちほーしが参考になったところをピックアップし、要約(※)して紹介します。

(※)著作権を侵害する恐れがありますので、あえてきちほーしが要約します。

なお、紹介書籍には説明が省略されているところも多々あるので、随時きちほーしの解釈を追記している場合もあります(追記していることは明記しています)。

ご了承ください。

書籍概要

タイトル

誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング

著者

橋本 美恵, 鹿野 佐代子

概要

この本は、数や時間、お金の概念など社会で生活するための具体的な方法をイラスト入りでわかりやすく説明してくれています。

目次

【目次】
1章●「誤学習」「未学習」が大人になってから困る原因に?
(1)発達障害の大人の相談からわかること
(2)成長してから、行動を変えるのは難しい?
(3)子どもへの関わり方、この方法で大丈夫?

2章●心を育て、「わかった」「できた」を増やすトレーニング&療育
・「座って学ぶ」ができると学習がスムーズになる
・「食べる」方法を工夫して偏食を減らそう
・数の世界へようこそ! 数字の並びを覚えよう
・1~10のタイルを3回並べて、「位」の理解につなげよう
・お金を「持って」「使う」は自立の第一歩
・時計を作って「時間」と「生活」をつなげよう
・困った時に「手伝って」を伝えられるようになろう
・自分の物と他人の物の区別を身につける
・折り紙の「やっこさん」で指先の感覚を磨く
・字と字を合わせてひらがなを学ぼう
・「料理」には子どもの力を伸ばす要素がいっぱい
・「片足立ち」は自分でズボンや靴を履くチャレンジ
・和式トイレも怖くない! 「あひる歩き」
・走りながらやり遂げる力を身につける「マラソン」

3章●発達障害のある子の子育て、よその家族はどうしている?
・「発達障害」と診断されて
・イライラと自己嫌悪
・何気ない言葉が辛い……
・療育への一歩を踏み出して
・中学生・高校生になったら

本記事の範囲

この記事では2章「心を育て、「わかった」「できた」を増やすトレーニング&療育」の1部について要約してお話します。

2章の続きについては後日別の記事でお話します。

数の大きさを教えよう!

ねらい

障害ある子でも数字を覚えることはできる思います。

ですが数字が大きさを表していることはなかなか理解できないことが多いのです。

実際きちほーしの子のキチノもおそらく理解できていません。

ここで紹介する教材は、数字と大きさの関係を理解させるためのものです。

教材の最終イメージ

数字の大きさを教える教材として、こんな感じのものを作ります

数の大きさを教える教材の最終イメージ

下準備

1. タイルを用意する

工作用紙で作るカラータイルを用意します。

色は黄緑色がオススメ。

タイルの大きさは、1cm x 1cmと、1cm x 5cmと、1cm x 10cmです。

この本には明記されていませんでしたが、きちほーしの見立てでは以下の分だけタイルが必要になります。

  • 1cm x 1cm : 120枚
  • 1cm x 5cm : 4枚
  • 1cm x 10cm : 1枚

タイルを用意する

2. 数字タイルカードを作る

  1. 1.5cm x 13cmの台紙を用意します。
  2. 台紙に1~10の数字を書きます。
  3. 台紙に数字に応じたタイルを貼り付けます。
    6以上は1cm x 5cmのタイルと1cm x 1cmのタイルを組み合わせます。
    10は1cm x 10cmのタイルを使用します。
数字タイルカードを作る

3. 貼り合わせタイルを作る

  • 各数字タイルカードのタイルと同じ長さの貼り合わせタイルを、1cm x 1cmのタイルを貼り合わせて作ります。
  • 貼り合わせるのが面倒なら、高さ1cmのタイルに線を引いたものでもかまいません。
貼り合わせタイルを作る

4. 並べる用のタイルとブロックを用意する

  • 子どもに並べさせるためのタイル(1cm x 1cm)を用意します。55個。
  • 子どもに並べさせるためのブロック(タイルに乗る程度の大きさ)を用意します。55個。
並べ用のタイルとブロックを用意する

5. シートを用意する

  • シート(10cm x 30cm)を10枚用意します。
  • 後でこのシートに数字タイルカードや貼り合わせタイル、並べ用のブロックやタイルを置きます。

やり方

  1. 大人が、シートを10枚並べます
  2. 大人が、各シートに1~10の数字カードを置きます
  3. 大人が、各シートに1~10の数字タイルカードを置きます
  4. 子どもに、数字タイルカードの上に、並べる用のタイルをのせてさせます(*1)
  5. 子どもに、数字タイルカードの下に貼り合わせタイルを置かせます
  6. 子どもに、貼り合わせタイルの上に、「いち、に、さん」と数を数えながらブロックを置かせます

(*1)数字とタイルの枚数の関係を実感させます

数字タイルカードを使った数の大きさの学習

タイルは正方形であることが重要

タイルは正方形であることが重要です。

なぜなら丸形だと並べた時に大きさがわかりにくくなるからです。

また水分量も四角形で表現できたりしますので、先々の学習で一貫して用いることができます。

(参考)代替商品を探してみた

タイル作るのチョー大変ですよね^^;。

1cm以下のブロックなんてどっから調達してきましょう?

これを作ろうと思うとかなりの労力ですねー^^;。

そこで既製の代替商品を探してみました。

10mm角モザイクタイルというのが見つかりましたが、ちょっとイマイチかなというのが結論です。

まずはイマイチなものをご紹介します。

10mm角モザイクタイル+カラー目地材

*選べるカラーは全61色♪1cm角の小さなタイルモザイクタイル テンアート 10mm角 シートタイプ 10mm角 1cm角 12×12粒 144粒シート貼りサイズ:150mm×150mm×厚み4mm【ゆうパケット可】【3シートまでゆうパケット可能】

価格:304円
(2022/3/1 18:39時点)

厚紙じゃなく陶器製のタイルが安く売っていました。

144粒で304円で送料も250円です(記事投稿時の価格です)。色もたくさんあります。

サイズも1cm角!ピッタリ!

ですが1cm x 5cm や 1cm x 10cmの タイルはできないですよね。

苦肉の策でそれっぽくできるかなーと思ったのはカラー目地材。


黄緑色の目地材で黄緑色のタイルを接着すれば1cm x 5cmとかできるかなーと思ったり。

でも高い!7500円!(投稿時)

タイルについては手作りしかないかなーというのが結論です。

10mm角モザイクタイルをブロックに!

上でご紹介したモザイクタイルですが、これをブロック代わりに使えないかなと思いました。

*選べるカラーは全61色♪1cm角の小さなタイルモザイクタイル テンアート 10mm角 シートタイプ 10mm角 1cm角 12×12粒 144粒シート貼りサイズ:150mm×150mm×厚み4mm【ゆうパケット可】【3シートまでゆうパケット可能】

価格:304円
(2022/3/1 18:39時点)

ただ、ブロックを乗せるタイルのサイズが10mm角だとすると10mm角のモザイクタイルを乗せるのはスペース的に厳しいですね。

なのでブロックを乗せるタイルの方を12mmくらいにするといいんじゃないかなーと思いました。

(参考)minne(ミンネ)で療育教材を売ったり買ったりしてみよう!

おそらくきちほーしが説明するまでもありませんが、minne(ミンネ)は国内最大のハンドメイドマーケットです。

「#療育」でキーワード検索するとハンドメイドの療育教材がたくさん出てきます。

ここで探せば自分がほしい療育教材が手に入るかもしれません^^。

逆に自分で作った療育教材をここで売るのもアリですね!

おわりに

いかがだったでしょうか?

今回の記事は、数字の大きさを学ぶ療育教材の作り方とやり方についてお話しました。

次回は数の「位」に関するお話をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました