ホーム » 節約できるかな? » 車安くできるかな » 【車安くできるかな?】不要・割高な付属品をチェックしよう -新車ディーラーで見積をゲットした-

【車安くできるかな?】不要・割高な付属品をチェックしよう -新車ディーラーで見積をゲットした-

自動車 節約できるかな?
自動車
Google Ads – upper
スポンサーリンク

このシリーズでは、自動車の長期利用(リースや購入など)を検討している人に向けて、きちほーしが調査したことをまとめていきます。

ここではきちほーしが新車の試乗でディーラーさんからいただいた情報につてお話しします。

今回は見積の中の「付属品明細」にフォーカスしてお話ししたいと思います。

セールストークで不要・割高な付属品を買ってしまわないように、この記事を参考にしていただければ幸いです。


Google Ads – middle of contents

はじめに

どうも!きちほーしです!

きちほーしはN-BOXの購入を検討しています。

なので先日ホンダの新車ディーラーを訪問しました。

そこでの目的は3つ。

  • 試乗すること
  • 見積をもらうこと
  • 契約内容を知ること

狙うのは中古車ですが試乗するとなると中古車はややハードルが高いようなので、とりあえず新車ディーラーの方へ行きました。

今回はその内の見積、特に付属品についてお話しします。

ディーラーでのエピソード

見積のお話をする前にディーラーでのエピソードについてお話しします。

付属品を追加させるセールストークに注意しよう

「フロアマットはどうします?」

「カーナビはどうします?」

ディーラーの担当者はN-BOXのパンフレットを見せながらこのように聞いてきました。

きちほーしは「フロアマットは安い方で」「カーナビもベーシックな方で」と言ってパンフレットの中の付属品を選んでいきました。

しかし今見積をふりかえってみると思ったのです。

「あれ?フロアマットもカーナビもカー用品店で安く買えるんじゃね?」

さすがは営業マン。

こちらに何の疑問も抱かせず自然なセールストークで付属品を追加させていったのです。

おそらく中古車販売店でも同じような展開になると思いますが要注意ですね。

ディーラー・販売店へ行く前に付属品の要不要や相場をチェックしておこう

実際に楽天やAmazonで調べてみるとフロアマットもETCも場合によっては半額近くで購入できるようでした。

また色々調べてみると不要な付属品もあったりするようです。

事前に一般の店で付属品の価格をチェックしてから、ディーラーや販売店を訪問した方がいいと思いました。

新車ディーラーの見積例(付属品編)

見積内容

ここでは見積の中の付属品の項目についてお話しします。

付属品に注目したのは上で書いたようにコストを抑えやすい項目だからです。

下記は各付属品の見積価格と楽天・Amazonで探した類似品例です。

価格はいずれも’21/10/6現在の値です。

見積項目見積価格(税込)楽天類似品(税込)Amazon類似品(税込)
フロアマット スタンダード¥19,580NBOXフロアマット
(¥6,490)
N-BOXフロアマット
(¥6,800)
ETC 音声ガイドタイプ+取付アタッチメント¥26,510 DENSO DIU-9500 ETCアタッチメントセット N-BOX
(¥8,980)
DENSO DIU-9500 ETCアタッチメントなし
(¥5,773)
ドライブレコーダーパッケージ¥76,670 HONDA純正 ドライブレコーダーパッケージC 08E30-PG3-C00 N-BOX
(¥48,510)
ユピテル 前後2カメラ ドライブレコーダー DRY-TW9100d (¥49,800)
エントリーインターナビ VXM-215Ci+アタッチメント¥123,310HONDA純正 エントリーインターナビ VXM-215Ci 08A40-PH5-K10L NBOX
(¥102,410)
パナソニック カーナビ CN-RE06WD
(¥91,700)
ボディーコートH¥74,800
ETCセットアップ¥3,300
新車ディーラーの付属品見積と類似品の価格。価格はいずれも’21/10/6現在の値。

JAF

楽天・Amazonで類似品を買うと半額以下の商品も

上で調査した楽天・Amazonの商品はきちほーしがN-BOXに合うものをザッとピックアップしたものです。

軽く見ただけでモノによってはディーラー価格より半額以下の商品もありますね。

合計するとディーラーで買うより10万以上は節約できそうです。

また、ボディーコートにいたっては「そもそも不要」という話も聞きます。

ボディーコートを除外すれば20万近くは節約できるでしょう。

あれ?ボッタクられてる…?

上に書いた一覧表の内「見積項目」の欄にはディーラーのカタログリンクが貼っています。

一度こちらのページに飛んでカタログ価格を確認してみてください。

多くの付属品もカタログ価格より見積価格の方が何割か高くなっています

後日別の記事で詳しく話そうと思いますが、きちほーしに対応したディーラーの担当者はどうも信用できないところがありました。

たまたまきちほーしの担当者がそうだったのかもしれませんが、正規ディーラーだからといって信用してはいけないことがよくわかりました。

(広告)中古車買い取り関連

楽天Car買取査定で1500ポイント


楽天の愛車一括査定!
愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天の中古車一括査定サービスです。
一括査定を依頼したお客様にもれなく楽天スーパーポイントをプレゼントする大変人気のサービスです。

愛車を売る前に一度楽天Carに査定を申し込んでみてはいかがでしょうか?

廃車買取のカーネクスト


廃車買取カーネクスト

廃車買取のカーネクストです。

カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

クルマ買取オークションのユーカーパック


あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

一括査定はもう古い!

面倒な相見積もりや、鳴り止まない営業電話も嫌!

より『簡単・安心・高額買取』で、車を売りたいお客様のために作られたサービス

最大5000社以上が参加する車買取オークションです!

さいごに

いかがだったでしょうか?

今回はホンダの新車ディーラーを訪問したエピソードを交えて、見積の中の「付属品明細」にフォーカスしてお話しました。

ディーラー・販売店では、セールストークに流されて割高・余計な付属品を買う恐れがあることをお話ししました。

ディーラー・販売店へ行く前に付属品の要不要や相場をチェックした方が良さそうです。

また付属品については、楽天・Amazonで類似品を買うと半額以下で抑えられそうなことがわかりました。

もちろん取付費用は含まれていませんが、半額以下ならそれを含めてもディーラーの見積もり以下になると思われます。

また、場合によってはディーラーさんにぼったくられる場合もあるかもしれません。

少なくともきちほーしがもらった見積はカタログ価格を上回っています。

購入の際に役立てていただければ幸いです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました