ホーム » 節約できるかな? » 車安くできるかな » 【車安くできるかな?】中古車買うなら店舗よりもネット? -障害を持つ家族のために車を買う話-
a

【車安くできるかな?】中古車買うなら店舗よりもネット? -障害を持つ家族のために車を買う話-

自動車 節約できるかな?
自動車
Google Ads – upper
スポンサーリンク

楽天の愛車一括査定!
愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

このシリーズでは、自動車の長期利用(リースや購入など)を検討している人に向けて、きちほーしが調査したことをまとめていきます。

今回のテーマは「中古車のネット販売」についてです。

「中古車はやっぱり実物をチェックしなきゃ」「ネットで中古車なんて怖い」という人に向けて、ネット通販がどういうものかお話しします。


Google Ads – middle of contents

はじめに

どうも!きちほーしです!

数年前、会社の先輩から「車は金食い虫だ」と聞いて以来、なんとか車を買わずレンタカーやカーシェアリングのような短期利用のサービスでコストを抑える生活を過ごしてきました。

でも最近、家庭の事情で長期利用(リースや購入など)の機運が高まってきました。

きちほーしの子供、きちJr.が支援学校に通うことになりそうなのです。



普通の学校では子供が病気やけがをした場合は徒歩や自転車で迎えに行くことができます。

ですが、支援学校は遠方にあることが多いので自動車の送り迎えが少なからず発生するのです。

前回の記事では、リセールバリューを考慮した低コストな自動車についてお話ししました。

低コストな自動車ということで軽自動車に的を絞り、コストよりも命が大事ということでさらに安全性能の高い軽自動車に絞りました。

その結果ホンダのN-BOXやホンダのN-WGNが良さそうなことが分かりました。


前回は、新車価格と買取価格の差でコストを測りましたが、中古車ならもっと価格差を抑えられるはずです。

一方で中古車と言えども決して安くない買い物です。

できる限り後悔の少ない買い方をしたいものです。

どのようにすればいいのか、調査しました。

店舗の中古車販売の実態

最近は中古車のネット販売も普及しているようですが、安くても数十万円するモノを触りもせずに購入するのは非常に不安です。

なのできちほーしも近所のいくつかの店舗に出向いたのですが、その多くは期待していたものと違っていました。

店舗に行っても結局ネット

中古車販売の店舗の中には自動車を置かず、店舗内のPCで日本各地の在庫を紹介するところもあるようです。

というかそっちが主流になっている気がします。

実際きちほーしが回った5件の店舗の内4件がネットで案内するスタイルでした。

もうネット販売と変わりませんね^^;。

ネットと違う点は店舗のセールスマンが接客してくれるくらいです。

ネット化の波がこういうところにも押し寄せてるんだなーと実感しました。

店頭の自動車はほぼディスプレイ

PCで商品を紹介する店舗でも、一応店頭に自動車をいくつか展示してはいます。

ですが、ちょっと不安になるくらい激安の車が20~30台ばかり並べられている程度です。

自動車にはたくさんの車種があるので自分の欲しい車種があるとは限りません。

あっても1~2台ほどしかなく、選択肢が限られてきます。

比較対象もないのでここで買おうという気にはなれません。

店舗によっては値札もないところがあり、「これいくらですか?」と聞いたら「それは販売していません」と返されました。

店頭の自動車はほとんどディスプレイですねー。

超大型店は車がたくさんだけど気軽に行けない

もちろん大量の自動車を展示していて試乗できるような超大型店もあるようです。

ですが、広大な敷地が必要になるのでどうしてもへんぴな場所になってしまい、そう気軽に行けるところではありません。

中古車を選ぶ時間の8割はネットで費やす

上記のように、店舗に行ってもネットで案内されるかほぼディスプレイの車を見るくらいしかありません。

それでもやっぱり触らないと不安という場合でも、へんぴな超大型店に出向かないといけません。

結局中古車を選ぶ時間の8割はネットで費やすことになりそうです。

中古車販売サイトの不安を和らげる仕組み

中古車を選ぶ上で不安になるのが、、

  • 重大な故障や欠陥を見落とさないか?
  • 故障や欠陥がなくてもちゃんと動くのか?

この2点だと思います。

だからこそ実際にモノを触って確認したいのですが、ネットではそれもできないので不安になります。

そこで中古車販売サイトはこれらを不安を和らげる仕組みを設けているようです。

調査対象の中古車通販サイト

今回きちほーしが調査した中古車の通販サイトは以下の3つです。

楽天Car

楽天Car: 中古車をネットでお得に購入
中古車をネットでお得に買うなら楽天Carへ!全国の中古車を選んで、自宅にお届け!豊富な写真や360度画像で隅々まで確認できて、楽天ポイントの貯まる自動車保険や保証サービスも選べます!

楽天系列の自動車通販のポータルサイトです。

中古車販売のみならず、新車販売・買取・車検メンテナンスなど多岐にわたったサービスを取り扱っています。

カーセンサー

中古車・中古車情報なら【カーセンサーnet】
中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。全国の中古車が様々な条件で検索可能です。人気の中古車ランキングや中古自動車の相場表も完備!あなたの車選びをサポートします。

新車の取り扱いはありませんが、中古車販売や買取・車検メンテナンスなど多岐にわたったサービスを取り扱っています。

「車両品質評価書付き」で検索できる

一般的に通販サイトに中古車の写真が掲載されていますが、これだけで車両の状態を判断するのは不安なところがあります。

光や角度の加減でうまく傷がごまかされているんじゃないかと思うからです。

その不安を解消するために販売業者によっては、外装・内装の傷や痛み具合を評価した書類を公開しています。

呼び方は業者によってさまざまで「車両状態証明書」「 車両品質評価書 」「鑑定書」などと呼ばれています。

ただし、全ての業者がこれらの書類を公開しているわけではありません。

通販サイトには「鑑定あり」や「車両品質評価書付き」の商品を検索できるようになっているので、その商品に絞ると安心ですね。

車両状態証明書の例

「修復歴なし」で検索できる

「修復歴」は車の強度に影響を及ぼすような重大な交換・修正があった場合につくものです。

この修復歴があっても問題ない場合もあるのですが、ない方がやっぱり安心ですね。

中古車のネット通販では「修復歴なし」で検索することができるので、この点でも安心できます。

もし「修復歴なし」にこだわらなくてもいいという人は、問い合わせの際に「点検記録簿を見せてください」というといいでしょう。

そこに修復歴が記録されているはずです。

「保証プランあり」で検索できる

最初は走ってたけどすぐにエンジンがかからなくなった!

なんていう不安もあります。

そんな不安を解消するために1年~3年の保証プランをつける業者もあるので、そういうところを選ぶと安心ですね。

中古車のネット通販では「保証プランあり」で検索できるので、安心できる商品をピックアップすることができます。

ただし、保証プランは全部が全部無料とは限らないので注意しましょう。

1年保証は無料だけど、2年以上の保証は有料、なんてパターンもあるようです。

(広告)中古車買い取り関連

楽天Car買取査定で1500ポイント


楽天の愛車一括査定!
愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天の中古車一括査定サービスです。
一括査定を依頼したお客様にもれなく楽天スーパーポイントをプレゼントする大変人気のサービスです。

愛車を売る前に一度楽天Carに査定を申し込んでみてはいかがでしょうか?

廃車買取のカーネクスト


廃車買取カーネクスト

廃車買取のカーネクストです。

カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

クルマ買取オークションのユーカーパック


あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

一括査定はもう古い!

面倒な相見積もりや、鳴り止まない営業電話も嫌!

より『簡単・安心・高額買取』で、車を売りたいお客様のために作られたサービス

最大5000社以上が参加する車買取オークションです!

さいごに

いかがだったでしょうか?

「中古車はやっぱり実物をチェックしなきゃ」「ネットで中古車なんて怖い」という通販アレルギーの人に向けて、中古車のネット通販がどういうものかお話ししました。

まず最初に店舗の中古車販売の実態についてお話ししました。

きちほーしも最初は「店舗で実物を見なきゃ」と思っていたのですが、店舗の実態はこんな感じでした。

  • 店舗に行っても結局ネットで案内される場合が多い
  • 店頭の自動車はほぼディスプレイ状態
  • 超大型店は自動車がたくさんあるけど気軽に行けない

場合によっては超大型店で車を触るかもしれませんが、中古車選びの時間はほとんどネットで費やすなーと思いました。

そして中古車の通販サイトに不安を感じていたきちほーしですが、調べると不安を和らげる仕組みが色々あるなーと思いました。

  • 「車両品質評価書付き」で検索できる
  • 「修復歴なし」で検索できる
  • 「保証プランあり」で検索できる

あとは販売業者を評価する仕組みがあればいいのですが、残念ながらそれはないようでした。

自動車はそんな頻繁に買うものではないので、☆をつける仕組みがあっても票数が稼げないのかもしれませんね。

次は実際にどういった点に注意して中古車を購入すればいいのか調査したいと思います。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました