ホーム » 節約できるかな? » 車安くできるかな » 【車安くできるかな?】コスト低いのに高く売れる車とは? -安全性能が高くリセールバリューのいい軽自動車を調査-
a

【車安くできるかな?】コスト低いのに高く売れる車とは? -安全性能が高くリセールバリューのいい軽自動車を調査-

自動車 節約できるかな?
自動車
Google Ads – upper
スポンサーリンク

楽天の愛車一括査定!
愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

このシリーズでは、自動車の長期利用(リースや購入など)する人に向けて、きちほーしが調査したことをまとめていきます。

テーマは「最もコストを安く抑えられる方法について」。

自動車のコストを安くする方法の一つに、リセールバリュー(再販価格)のいい自動車を選ぶという方法があります。

買った時の価格と売った時の価格が小さいと、結果的に安く自動車を長期利用できたことになるんですねー。

どの車種が高く売れるのか?

今回はそれを調査した結果について報告します。


Google Ads – middle of contents

はじめに

どうも!きちほーしです!

車の長期利用を考えているきちほーしです。

数年前、会社の先輩から「車は金食い虫だ」と聞いて以来、なんとか車を買わずレンタカーやカーシェアリングのような短期利用のサービスでコストを抑える生活を過ごしてきました。

でも最近、家庭の事情で長期利用の機運が高まってきました。

きちほーしの子供、きちJr.が支援学校に通うことになりそうなのです。

普通の学校では子供が病気したりけがした場合は歩いたり自転車で迎えに行くことができます。

ですが、支援学校は遠方にあることが多いので自動車の送り迎えが少なからず発生するのです。

3か月近く前の記事になりますが、カーリースの革命児定額カルモくんと中古車を購入した場合のコストをざっくり比較しました。

そしてきちほーしの場合は、自動車を長期に利用するならリースではなく購入した方が良さそうだという結論になりました。


ただ、この時は安く購入することばかり考えていて、リセールバリュー(再販価格)について考慮していませんでした。

リセールバリュー(再販価格)。

つまり、中古車業者の買取価格やディーラーの下取り価格のことですね。

購入価格と再販価格の価格差が小さいほどオトクな自動車ということになります。

今回は、リセールバリューを考慮した低コストな自動車についてお話しします。

なお、きちほーしは車を購入するなら中古車で買いたい人ですが、今回は価格差を比較しやすくするため、購入価格を新車価格に設定します。


車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん

安全性能の高い軽自動車4種

一般的に軽自動車は普通の自動車に比べて、税金も燃料費も安く抑えられます。

なので軽自動車はコスト面で魅力的な選択肢です。

ただ、自動車のコストを抑えたいのはヤマヤマですが、事故で死亡したり重大な障害を残してしまっては元も子もありません。

少しでも安全性能の良い車を選びたいものです。

昔は軽自動車と言えば普通の自動車よりも事故のダメージが大きいという印象がありました。

ですが、調べてみるとヘタな普通乗用車よりも安全性能の高い軽自動車が4車種もあることがわかりました。

安全性能を知る方法: JNCAP

自動車の安全性能はJNCAPで公開されています。

JNCAPは衝突した際の乗員の被害や自動ブレーキなどの予防安全装備評価している独立行政法人です。

そしてその評価結果はExcelファイルで公開されています。

衝突安全性能総合評価の高い軽自動車: ホンダ・日産・三菱の4車種

下記は衝突安全性能総合評価の結果のうち、評価の高い軽自動車の4種と、比較対象としてメルセデスベンツをピックアップしたものです。

なお、評価結果は満点に対する割合で表しています。

JNCAPの採点が年によって〇点だったり〇%だったりしていて単純比較ができないので、〇%で統一してみました。

ホンダ N-BOX(2017年モデル)ホンダ N-WGN(2019年モデル)日産デイズ(三菱ekクロス)
(2019年モデル)
メルセデスベンツ(Cクラス)
衝突安全性能総合評価88.5%88.7%86.5%85.7%
JNCAP資料より

このように、ホンダと日産・三菱の軽自動車が、メルセデスベンツの普通の自動車よりも高い評価がされています。

なお、2019年に三菱のekクロスは衝突安全性能を評価していないようですが、姉妹車種の日産デイズと評価は同じと思われます。

安全軽自動車4種の新車価格

価格.comのデータを利用して、上記で挙げた安全性能の高い4車種(以降、安全軽自動車4種と呼びます)の新車価格を調査しました。

なお、N-BOXについては2つのグレードを調査しました。

無印のグレードと、一般的にリセールバリューが良いとされているカスタムのグレードです。

N-WGNもカスタムのリセールバリューが良いようですが、データがないので無印のみとしています。

ホンダ N-BOX カスタム(2017年モデル L)ホンダ N-BOX(2017年モデル L) ホンダ N-WGN(2019年モデル L)日産 デイズ(2019年モデル S) 三菱 ekクロス(2019年モデル M)
新車価格(万円)176155136132 146
参考URLリンクリンクリンクリンクリンク
価格.comより。’21/9/21現在の結果。

安全軽自動車4種の買取価格

ナビクルの「買取・下取り相場」を利用して、 安全軽自動車4種(N-BOX、N-WGN、デイズ、ekクロス)の買取価格・下取り価格を調査しました。

ナビクルでは新車購入年月や走行距離を入力すると、買取価格・下取り価格の概算を算出してくれます。

なお、新車購入年月は2019年の新車発売日に設定しました。

走行距離は30,000kmに設定しました。

走行距離は一般的に1年で10,000kmと言われていて、ナビクルは購入から3年目までの価格を算出してくれるので30,000キロに設定しました。

下表は安全軽自動車4種の2022年5月の価格です。

2022年5月価格ホンダ N-BOX カスタムG・L Honda sensing(2019年式)ホンダ N-BOX G・L Honda sensing(2019年式) ホンダ N-WGN L・Honda SENSING(2019年式)日産 デイズ(2019年モデル S) 三菱 ekクロス(2019年モデル M)
買取価格(万円)113.592.868.944.9 44.8
下取価格(万円)101.582.159.442.940.4
参考URLリンクリンクリンクリンクリンク
安全軽自動車4種(N-BOX、N-WGN、デイズ、ekクロス)の2022年5月の買取・下取り価格(ナビクルより)。

N-BOXカスタムが100万円ごえなのに対し、それ以外の軽自動車は2桁ですね。

ウワサ通りN-BOXカスタムは高く売れる車ですねー。

とはいえN-BOX無印も100万円に近く、これも十分高く売れる車ですね。

安全軽自動車4種の新車価格と買取価格の差分

安全軽自動車4種(N-BOX、N-WGN、デイズ、ekクロス) の新車価格と2022年5月の買取価格の差分は以下のようになりました。

2022年5月価格 ホンダ N-BOX カスタムG・L Honda sensing(2019年式) ホンダ N-BOX G・L Honda sensing(2019年式) ホンダ N-WGN L・Honda SENSING(2019年式) 日産 デイズ(2019年モデル S) 三菱 ekクロス(2019年モデル M)
購入価格(万円)176155136132146
買取価格(万円)111.392.868.943.244.8
価格差(万円)64.762.267.188.8101.2
安全軽自動車4種(N-BOX、N-WGN、デイズ、ekクロス)の2022年5月の買取・下取り価格(ナビクルより)。

やっぱりホンダ勢が高く売れる車のようで、価格差もグっと抑えられています。

N-BOXカスタムもN-BOX無印もN-WGNも他の車種と比べて20万円以上価格差を抑えられています。

(広告)中古車買い取り関連

楽天Car買取査定で1500ポイント


楽天の愛車一括査定!
愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天の中古車一括査定サービスです。
一括査定を依頼したお客様にもれなく楽天スーパーポイントをプレゼントする大変人気のサービスです。

愛車を売る前に一度楽天Carに査定を申し込んでみてはいかがでしょうか?

廃車買取のカーネクスト


廃車買取カーネクスト

廃車買取のカーネクストです。

カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

クルマ買取オークションのユーカーパック


あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

一括査定はもう古い!

面倒な相見積もりや、鳴り止まない営業電話も嫌!

より『簡単・安心・高額買取』で、車を売りたいお客様のために作られたサービス

最大5000社以上が参加する車買取オークションです!

さいごに:軽自動車を買うならホンダ

いかがだったでしょうか?

今回は、リセールバリューを考慮した低コストな自動車についてお話ししました。

低コストな自動車ということで軽自動車に的を絞り、さらに安全性能の高い軽自動車に絞りました。

ホンダのN-BOX、ホンダのN-WGN、日産のデイズ、三菱のekクロスの4車種で、メルセデスベンツよりも高い安全性能を持ちます。

これら4車種の新車価格と買取価格の価格差を見てみると、N-BOXおよびN-WGNのホンダ勢の価格差がもっとも小さいことが分かりました。

N-BOXの新車価格が一番高いのですが、高く売れるだけ価格差が一番低くなっています。

同じホンダのN-WGNも価格差はN-BOXと大差ありませんねー。

今回価格差の基準として新車の購入価格を設定しましたが、これが中古車の購入価格になるともっと価格差が縮まるはずです。

今後は中古車についても調査していきます。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました