ホーム » 健康生活できるかな? » 低糖質ダイエットできるかな? » 【低糖質ダイエットできるかな?】玄米・全粒粉パン・ぬか・ふすまを食べよう!1
a

【低糖質ダイエットできるかな?】玄米・全粒粉パン・ぬか・ふすまを食べよう!1

低糖質ダイエット 低糖質ダイエットできるかな?
低糖質ダイエット
Google Ads – upper
スポンサーリンク

きちほーしはいろいろなダイエットにチャレンジしています。
これまでも色々試してきましたが、低糖質ダイエットについても取り組んでいきたいと思います。

このシリーズでは、低糖質ダイエットに取り組んでいる方や興味ある方に向けて、きちほーしが調査したことについて報告します。

Google Ads – middle of contents

アイスブレイク

アイスブレイクでは、はてなブログの「今週のお題」をヒントに、本題と少し外れたお話をします。

今週はなんかイベントがあるようですね。

お題:はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」だそうです。

記憶に残っている、あの日。

お題からして最低でも数年前のことなのでしょうが、きちほーしの場合は、昨日です。

昨日は16時間空腹ダイエットを始めて5か月目。健康診断できちほーしの努力の成果がしっかりと現れた日でした。

【16時間空腹ダイエットできるかな?】結果報告('21/07/14) -健康診断当日!きちほーしのやり方は効果があったのか?-
きちほーしは16時間空腹ダイエット(ファスティング)にチャレンジしています。本当に効果があるのでしょうか?このシリーズでは、16時間空腹ダイエットに取り組んでいる方や興味ある方に向けて、きちほーしの取り組みと成果について毎月10日前後に...

この日は未来のきちほーしの記憶に残り続けて言うことでしょう^^。

しかしきちほーしのダイエット道はまだまだこんなもんじゃございません。

もっとムリなく、それでいて効果的なダイエット生活を進めてまいりますので、乞うご期待!

はじめに

繰り返しになりますが、きちほーしはより効果的なダイエット生活を進めていきます。

前回の記事では1日2食、12時間~16時間の空腹時間、というように食べ方にフォーカスしてダイエットを進めて、目に見える成果が出ました。

今度は食べ物にフォーカスしたいと思います。

今回特にフォーカスするのは、主食のお米・パンです。

この記事では、我らが主食のお米・パンについて、どんなものを選べばよいのか、きちほーしが調査したことについて皆さんに報告していきます。

関連広告


おいしさに自信!しっかり芽の出た【発芽玄米の底力】


ファンケルの発芽米 お試しセット


なでしこ健康生活


米ぬかパワーでスーッと出す!食べる米ぬか【カーナの約束】


糖質88%OFF&糖類ゼロで食べられるダイエット【低糖質ふすま粉パン】

糖質制限パン・スイーツは『低糖工房』

白米・白い小麦粉は糖尿病・認知症のリスクを高めるアカン食べ物だった

牧田先生の本を紹介するYoutube大学を見て衝撃を受けました(本は読んでませんw)。

眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話 糖質のギモンを専門医がすべて解説! [ 牧田 善二 ]

この本によればどーやら、砂糖はもちろんですが、白米も白い小麦粉も、体にかなりアカン食べ物なんだそうです。

なにがどうアカンかというと、一言で言うと白米や白い小麦粉は、糖尿病や認知症のリスクを高めるからなんだそうです。

白米・白い小麦粉は、玄米・小麦を精米・精麦によって食物繊維が豊富な胚芽をとっぱらって糖質をむき出しにしたもので、それを体に取り入れることによって血糖値の乱高下を招き、これが糖尿病や認知症のリスクを高めるのだそうです(詳しくは以前の記事をご参照ください)。

糖尿病って怖いの?

認知症がどういうものかは皆さんよくご存じだと思うので説明は省きますが、じゃあ糖尿病って怖いの?というと、これはめちゃ怖いんです。

尿が甘くなるとか、疲労感が募るとか、そんな生やさしいものではなく、場合によっては失明したり、手足がマヒしたり、人工透析が必要になったりもするそうです。

きちほーしは、そういうことを本やネットの記事を読んで知ってはいましたが、どこか対岸の火事のような、自分にはあまり関係のないことだと思っていました。

ですが、つい最近、糖尿病の怖さを身近に知る出来事がありました。

きちほーしの義父は糖尿病で亡くなりました

以前の記事にも書きましたが、先日きちほーしがとてもお世話になった義父が亡くなりました。

直接的な死因は「老衰」だとは思うのですが、間接的には糖尿病が義父の寿命をかなり縮めたと思います。

ある日義父は脳梗塞で倒れました。

脳梗塞は血管が固くなって、血管が詰まってしまう病気のことです。

脳梗塞には血管を柔らかくする薬を投与して回復を期待する、という治療方法があるようですが、義父は糖尿病を患っていたため、その治療法は使えなかったのです。

糖尿病のおかげで義父の血管はもろく破れやすい状態になっていたらしく、下手に血管を柔らかくする薬を投与すると、脳の血管をより破れやすくしてしまうとのことでした。

結局義父にできる治療は限られてしまい、そのまま寝たきりの状態で数年を過ごし、亡くなってしまいました。

もし糖尿病でなければ、脳梗塞からも回復できたと思います。今でも元気に過ごしていると思います。

糖尿病がいかに恐ろしい病気か、きちほーしはよく理解したのでした。

糖尿病・認知症のリスクを抑えるカギは玄米・全粒小麦の食物繊維

昔の米・小麦は、胚芽というものがついた状態、つまり玄米・全粒小麦の状態で市場に出回っていました。

胚芽は食物繊維を豊富に含んでおり、それのおかげでゆーーっくりと糖が吸収されていくので、玄米や全粒粉は糖尿病・認知症のリスクは低いものでした。

ですが、今の社会では甘さが求められているせいか、精米・精麦によって胚芽がとっぱらわれた白米や白い小麦が市場のほとんどに出まわっているんですねー。

今こそ昔ながらの玄米・全粒小麦に戻って、健康的な生活にシフトする時じゃないでしょうか。


【おまけ付き】秋田県産 農家直送 あきたこまち 玄米 5kg 令和 2年産 / 古代米お試し袋付き


全粒粉100%食パン 4斤 24枚(6枚切) 九州産小麦 無添加 ココナッツオイル使用 水素水仕込み

玄米・全粒粉パンはちょっと肩身が狭い

きちほーしはほぼ毎日玄米を食べていますが、ちょっとしたハードルを日常的に感じています。

というのも、家族の中で玄米を食べたいと思うのはきちほーしだけだからです。

恐らく世間一般でも家族の中では白米派がマジョリティで、玄米派はマイノリティだと思うのです。

そのため、炊飯器も米びつもマジョリティの白米派に優遇されていて、マイノリティの玄米派は肩身の狭い思いをしなければならないのです。

【玄米おいしいかな?】白米派との確執 ~玄米導入の意外な落とし穴~
はじめにコロナの影響で在宅勤務が広まった今、今まで外食中心だったランチをおうちでとるようになった方も多いんじゃないかと思います。きちほーしもまさにおうちランチが中心になった人間で、食材も自分でチョイスするようになっ...

きちほーしはご飯党なので全粒粉パンもあまり食べませんが、おそらく全粒粉派も同じように肩身の狭い思いをすることになるのではないでしょうか。

(広告)玄米がないなら、ぬかを食べればいいじゃない

最近ではおいしい米ぬかが販売されているようです。

その名も「カーナの約束」。
牛乳などに溶かして飲む粉末の健康飲料です。

販売されてから12年、350万食売れているという安心の実績ですねー。

元々米ぬかには食物繊維だけでなくミネラル・ビタミンも豊富にふくまれていて、この商品はそっちをウリにしているようですが、もちろん食物繊維も豊富に含まれているので、白米を食べる前にコイツをグビッと一杯ひっかけても、血糖値の乱高下を抑えられるのではないかと思います。


米ぬかパワーでスーッと出す!食べる米ぬか【カーナの約束】

(広告)どうせ食べるなら、ふすまがたーくさんある方がいいじゃない

全粒粉パンが欲しいと思ったアナタ。アナタが欲しいのは、食物繊維とミネラル・ビタミンが豊富に含まれた胚芽、いわゆる「ふすま」ですよね。

しかし肩身の狭い全粒粉派にはなかなか全粒粉パンを食べれるチャンスはありません。
ならば、数少ないパン・チャンスでたーーくさんのふすまを食べたいと思いませんか?いや、思うでしょう。

そんなアナタにとっておきのパンがあります。

その名も「低糖質ふすま粉パン」!

累計43万個を販売した人気商品です。


低糖質ふすま粉パン

小麦粉の代わりにふすま粉を使ったパンで、食物繊維とミネラル・ビタミンが豊富アンド豊富。
さらに徹底した「低糖質」にこだわっており、タピオカ由来の食物繊維まで投入するという念の入れよう。
最終的に糖質が豆腐並みになってしまった。しかもそれがおいしい。

これが冷凍されてお届けされるので長期間保存できます。だから家族向けに買ってみたものの結局自分一人しか食べない状況になってしまっても、パンを腐らせることはありません。

さあ「低糖質ふすま粉パン」。試しに買ってみてはいかがでしょうか?

さいごに

いかがだったでしょうか?

この記事では、我らが主食のお米・パンについて、どんなものを選べばよいのか、きちほーしが調査したことについて皆さんに報告しました。

  • 白米・白い小麦粉は糖尿病・認知症のリスクを高めるアカン食べ物でした
  • 糖尿病は怖い病気で、きちほーしの義父もコレ糖尿病で亡くなりました
  • 糖尿病・認知症のリスクを抑えるカギは玄米・全粒小麦の食物繊維でした
  • 玄米・全粒粉で糖尿病・認知症のリスクが抑えられるのですが、玄米・全粒粉はちょっと肩身が狭いというお話もしました。
  • そして、玄米がないなら、ぬかを食べればいいし、どうせ食べるなら、ふすまがたーくさんあるパンの方がいいというお話もしました(広告です)

次回は、より詳しく、ぬかやふすまの栄養について調べたいと思います。

——————-関連広告——————-


おいしさに自信!しっかり芽の出た【発芽玄米の底力】


ファンケルの発芽米 お試しセット


なでしこ健康生活


米ぬかパワーでスーッと出す!食べる米ぬか【カーナの約束】


糖質88%OFF&糖類ゼロで食べられるダイエット【低糖質ふすま粉パン】

糖質制限パン・スイーツは『低糖工房』

コメント

タイトルとURLをコピーしました