ホーム » 副業できるかな? » レンタルサーバできるかな? » 【レンタルサーバできるかな?】レンタルサーバ比較! -レンタルサーバ初心者の機能要件とは?(中編)-
a

【レンタルサーバできるかな?】レンタルサーバ比較! -レンタルサーバ初心者の機能要件とは?(中編)-

レンタルサーバ レンタルサーバできるかな?
レンタルサーバ
Google Ads – upper
スポンサーリンク

このシリーズではレンタルサーバの初心者向けの機能要件について、きちほーしが調査したことを共有していきます。

右も左も分からないブロガー・アフィリエイターに適したレンタルサーバとはどんなものがあるのでしょうか?

———–サーバレンタル広告———–

  

———–ドメインサービス広告———–

  

    

Google Ads – middle of contents

はじめに

(今週のお題「100万円あったら」)

今週のお題は「100万円あったら」です。

一昔前なら「貯金」でしたが、お金の大学という本を読んでから、今は迷わず「投資」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]
価格:1540円(税別、送料別)(2021/4/5時点)

楽天で購入

そして今、このブログのタイトル通り、投資のタネ銭を増やすために副業の道をあれやこれやと模索しているのです。

どうも、

アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書を読んで以来、アフィリエイト的なホームページに関心を持ち始めているきちほーしです。

そこできちほーしはレンタルサーバについて調査しています。

レンタルの際の注意点は?費用はどれくらいに抑えられるのか?

この記事では、レンタルサーバの利用を検討する人に向けて、

初心者のきちほーしが後で振り返っても理解できるようなわかりやすい言葉で、

レンタルサーバの選定ポイントについて語りたいと思います。

関連記事

【レンタルサーバできるかな?】サーバスペックがSEOに影響する要素とは?
このシリーズではサーバレンタルの初心者に向けて、きちほーしが調査したことを共有していきます。初心者に優しいレンタルサーバとはどんなものがあるのでしょうか?-----------サーバレンタル広告----------- ...
【レンタルサーバできるかな?】初心者に優しいレンタルサーバとは?
このシリーズではレンタルサーバの初心者に向けて、きちほーしが調査したことを共有していきます。初心者に優しいレンタルサーバとはどんなものがあるのでしょうか?-----------サーバレンタル広告----------- ...
【レンタルサーバできるかな?】レンタルサーバ比較! -レンタルサーバ初心者の機能要件とは?(前編)-
このシリーズではレンタルサーバの初心者向けの機能要件について、きちほーしが調査したことを共有していきます。右も左も分からないブロガー・アフィリエイターに適したレンタルサーバとはどんなものがあるのでしょうか?-----------...
【本の紹介できるかな】書籍「アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書」―ブログで稼ぎたい人が読む本1
  (今週のお題「おうち時間2021」)どうも、「副業できるかな?」というタイトルのくせに最近は生活関連の記事ばかり書いているきちほーしです。在宅勤務をはじめてからおうち時間が確保しやすくなって、副業にも手を出しやすくなりまし...
【本の紹介できるかな】書籍「アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書」―ブログで稼ぎたい人が読む本 2
  (今週のお題「おうち時間2021」)どうも、「副業できるかな?」というタイトルのくせに最近は生活関連の記事ばかり書いているきちほーしです。在宅勤務をはじめてからおうち時間が確保しやすくなって、副業にも手を出しやすくなりました...
【本の紹介できるかな】書籍「アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書」―ブログで稼ぎたい人が読む本 3
(今週のお題「やる気が出ない」)どうも、「副業できるかな?」というタイトルのくせに最近は生活関連の記事ばかり書いているきちほーしです。このブログを初めて土日以外はずーっと投稿し続けてきましたが、やっぱりPVが伸びないとやる気に影響が...

これまでのおさらい

前回の記事では、レンタルサーバ初心者の視点だけでなく、有識者の視点も参考にしたいと思いましたところ、初心者にもわかるWordPressの手動インストール手順!図解で徹底解説!|mixhost サーバーコラムという記事を見つけました。

websae.net

そこで紹介されている機能要件は以下の通りでした。

まずは以下の4つが備わるサーバーだけに絞りましょう。

1. 「速度」が速い
2. 「簡単インストール/簡単移行」ができる
3. 「セキュリティ対策」が充実している
4. 「自動バックアップ」が備わる

前回は1, 2の要件について、きちほーしなりに検討したところ、以下のような結論になりました。

  1. 「速度」については「速さ」ランキング下位を避ければよさそう
  2. 「簡単インストール/簡単移行」について、もともとWordPressはインストールも移行も難しくないので、それを機能要件にしなくても良い。

今回は、3, 4について検討していきたいと思います。

レンタルサーバ リンク集

この記事で紹介するレンタルサーバは以下の通りです。

エックスサーバ

ConoHa WING

お名前.comレンタルサーバー

wpX Speed

ロリポップ!

カラフルボックス

mixhost

ヘテムル

さくらのレンタルサーバ

f:id:kippoushi126:20210619220933j:plainスターサーバ

「セキュリティ対策」は、フリーのプラグインでまかなえるので、それを機能要件にしなくても良い

【2021年】WordPressのレンタルサーバー比較。初心者へのおすすめは?によれば、セキュリティ対策には以下の4つがあるようです。

  1. 国外IPアクセス制限設定
  2. ログイン試行回数制限設定
  3. コメント・トラックバック制限設定
  4. 無料SSL

2のログイン試行回数制限や4の無料SSLは、遠隔でサーバを操作する以上あって当たり前の機能だと思われるので、おそらくどのレンタルサーバにも備わっていると思いますが、1の国外IPアクセス制限や3のコメント・トラックバック制限はWordPressならではの機能要件だと思われます。

もしかしたらWordPressに、その機能が無料で存在するかもしれないと思い、WordPressのセキュリティ対策の方法と強化プラグインまとめを参考に調べてみたところ、やっぱりフリーでありました。

国外IPアクセス制限について

WordPressにはIP Geo Blockというプラグインがあって、これが国外IPアクセスをブロックしてくれるようです。

ボタンをクリックしただけでダウンロードできますし、IP Geo Blockについて「有料」や「価格」に言及した記事はないので、おそらく無料です。

WordPressのセキュリティ対策の方法と強化プラグインまとめには次のようなことが書かれています。

「IP Geo Block」は、海外からの攻撃やスパムを防ぐためのプラグインです。管理画面、公開画面双方への国外IPアドレスからの不正アクセスをブロックできます。

また、本家IP Geo Blockのページでも、以下のような機能があるとされています(英文をGoogle翻訳で翻訳し、ピックアップしました^^)。

  • イミグレーションコントロール:
    バックエンドに基本的で重要な入り口へのアクセスなど(中略)IPアドレスに基づいて、国コードによって検証されます。ホワイトリストまたはブラックリストのいずれかを構成して、国、IPアドレスの範囲のCIDR表記、およびIPネットワークのグループのAS番号を指定できます。
  • ログイン試行からの保護:
    ブルートフォース攻撃とリバースブルートフォース攻撃によるログインフォームとXML-RPCによるハッキングを防ぐために、許可された国からでもIPアドレスごとのログイン試行回数が制限されます。

21/06/27追記:設定が少しややこしかった

IP Geo Blockは結構細かい設定が必要なようでした。

ですが、こちらこちらを参考にすればあまり悩まず設定できると思われます。

thk.kanzae.net

www.danroo.com

コメント・トラックバック制限設定について

【2021年】WordPressのレンタルサーバー比較。初心者へのおすすめは?にはこう書かれています。

ブログ記事へのコメントやトラックバックは本来嬉しいものなのですが、悪質な攻撃に利用されることもあります。

この設定があるおかげで、短時間で大量にコメントやトラックバックが残さえることを防げます。

つまりコメント欄に書かれるスパムを問題視しているわけですね。

でもその対策プラグインもすでにあるようです。

WordPressのセキュリティ対策の方法と強化プラグインまとめでは、”All In One WP Security & Firewall”というプラグインが紹介されています。

機能としては、次の通りです。

  • (前略)
  • ブルートフォースアタックの阻止
  • コメントスパム対策

ブルートフォースアタックとは、何度も何度もログインを試みてパスワードを見つける攻撃のことですが、それを阻止できるということは、【2021年】WordPressのレンタルサーバー比較。初心者へのおすすめは?が求める、「ログイン試行回数制限」の対策になるということです。

そしてこれも、IP Geo Block同様に、ボタンをクリックしただけでダウンロードできますし、「有料」や「価格」に言及した記事はないので、おそらく無料です。

21/06/27追記:設定が少しややこしかった

“All In One WP Security & Firewall”も細かい設定が必要なようでした。

設定はこちらを参考にすると悩まないと思います

keiei.co

「無料SSL」について、備えていないレンタルサーバはない

【2021年】WordPressのレンタルサーバー比較。初心者へのおすすめは?に出ていた無料SSLの調査結果ではカバーしていないレンタルサーバもありましたので、きちほーしが補足調査しました。

すると、少なくともきちほーしが調べた限りでは、無料SSLを備えていないレンタルサーバはありませんでした。

名称 無料SSL
エックスサーバ
ConoHa WING?
お名前.com
wpX Speed
カゴヤ
ロリポップ ハイスピード?
カラフルボックス
ロリポップ ライト?
mixhost
ヘテムル
さくらのレンタルサーバ
スターサーバ

「自動バックアップ」は後で追加できるので、今のところは機能要件にしない

前回の記事で紹介したWordPressのプラグイン、”All-in-One WP Migration“に、初回のみ$29支払えばGoogle Driveに定期的にバックアップしてくれるし、$99支払えばDropboxに定期的にバックアップしてくれるようです。

およそ3,000円~10,000円ですね。

きちほーしはこのブログの記事を2-3週間に一度手動でバックアップとっていて、今のところ困っていないので、コストをかけて自動バックアップにしなくてもいいかなとは思っています。

途中でやっぱり自動バックアップあったほうがいいねと思うかもしれませんが、その場合でも料金を払ってプラグインをアップグレードすれば解決しそうです。

少なくとも現段階では自動バックアップは考えなくてもいいんじゃないかと思います。

(つづく)

———関連広告———

ムームードメイン

Xserverドメイン

エックスサーバ

ConoHa WING

お名前.comレンタルサーバー

wpX Speed

ロリポップ!

カラフルボックス

mixhost

ヘテムル

さくらのレンタルサーバ

f:id:kippoushi126:20210619220933j:plainスターサーバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました