ホーム » 副業できるかな? » レンタルサーバできるかな? » 【レンタルサーバできるかな?】サーバスペックがSEOに影響する要素とは?
a

【レンタルサーバできるかな?】サーバスペックがSEOに影響する要素とは?

レンタルサーバ レンタルサーバできるかな?
レンタルサーバ
Google Ads – upper
スポンサーリンク

このシリーズではサーバレンタルの初心者に向けて、きちほーしが調査したことを共有していきます。

初心者に優しいレンタルサーバとはどんなものがあるのでしょうか?

———–サーバレンタル広告———–

  

———–ドメインサービス広告———–

  ? 

  •  

はじめに

どうも、きちほーしです。

最近はこうやってブログを書いていくことがささやかな幸せになってきました。

以前、アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書を紹介しましたが、

その中で「アフィリエイトをするならブログだけでなくホームページも考えた方がいい」という話を受けて、アフィリエイト的なホームページを作成することも少し関心を持ち始めています。

そこできちほーしはレンタルサーバについて調査しようと思いました。

値段は安いので十分なのか?

サーバスペックはサイトの競争力に影響するのか?

この記事では、レンタルサーバの利用を検討する人に向けて、

初心者のきちほーしが後で振り返っても理解できるようなわかりやすい言葉で、

サーバレンタルの選定ポイントについて語りたいと思います。

関連記事

【本の紹介できるかな】書籍「アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書」―ブログで稼ぎたい人が読む本1
  (今週のお題「おうち時間2021」)どうも、「副業できるかな?」というタイトルのくせに最近は生活関連の記事ばかり書いているきちほーしです。在宅勤務をはじめてからおうち時間が確保しやすくなって、副業にも手を出しやすくなりまし...
【本の紹介できるかな】書籍「アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書」―ブログで稼ぎたい人が読む本 2
  (今週のお題「おうち時間2021」)どうも、「副業できるかな?」というタイトルのくせに最近は生活関連の記事ばかり書いているきちほーしです。在宅勤務をはじめてからおうち時間が確保しやすくなって、副業にも手を出しやすくなりました...
【本の紹介できるかな】書籍「アフィリエイトで稼ぐ 1年目の教科書」―ブログで稼ぎたい人が読む本 3
(今週のお題「やる気が出ない」)どうも、「副業できるかな?」というタイトルのくせに最近は生活関連の記事ばかり書いているきちほーしです。このブログを初めて土日以外はずーっと投稿し続けてきましたが、やっぱりPVが伸びないとやる気に影響が...

レンタルサーバはスピードが命?

レンタルサーバについて調べていると、多くの企業サイトで「ウチはスピードがすごい!」みたいなことをアピールしています。

他のサイトでも「レンタルサーバはスピードがSEOに影響する」みたいなことが書かれていてました。

きちほーしは、「もしかしたらスピード以外にもサーバスペックがSEOに影響する要素があるんじゃないか?」と思い、いろいろなサイトの記事を読んでみました。

4つのサーバ解説サイトの共通項を調べてみた

各サーバ会社やアフィリエイトサイトが主張するSEOに影響する要素は、当然自社サービスやアフィリエイト広告に都合の良い要素を挙げるでしょうから、一つ一つの記事は信用できません。

そこで、下記4つのレンタルサーバーの解説サイトをチェックして、共通するポイントをピックアップしました。

共通項目は「スピード」のみ

共通のポイントを洗い出してみると、SEOに影響するポイントは、「スピード」と「安定性」でした。

「安定性」についても「安定したスピードでページを表示できるか」をポイントにしているので、結局SEOに影響する要素は「スピード」のみになりそうです。

「スピード」もSEOに影響する要素の1つに過ぎない

この「スピード」に関して、「レンタルサーバーはSEOに影響するか? | SERVERSUS」のサイトではわかりやすくまとめてくれています。

レンタルサーバーはSEOに影響するか? | SERVERSUS

  • SEOに影響するのはレンタルサーバーではなくページ速度
  • 大事なのは「そのページが遅いか速いか」
  • ページ表示速度は100以上あるSEOランキング指標の一つでしかない
  • まずはレンタルサーバー移転よりも遅い原因を調査しよう

「スピード」対策は、サーバスペックよりもまずはページの中身の調整

最後の「遅い原因を調査しよう」については、もう少し詳しく書かれていました。

現在のページ表示速度の問題点が本当にサーバーに依存しているものなのか、CMSなどのプログラム側の問題なのかを調査しましょう。簡単なのは、画像やHTMLファイルなどのシンプルな静的ファイルの表示速度テストや、PHPなどのプログラムの負荷テストをしてみることです。

つまり、ページの表示速度に問題がある場合は、サーバスペックではなくページの中身の調整を優先した方が良いということですね。

共有レンタルサーバがSEOにはマイナス、というのは誤り

レンタルサーバには「共有サーバ」と「VPS」の2種類があるようです(参考:VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説 | カゴヤのサーバー研究室)。

そして、どうやら共有レンタルサーバはSEO的に良くないというようなネガティブな情報があるようですが、レンタルサーバーはSEOに影響するか? | SERVERSUSは、それについてもNOとおっしゃっておられます。

共有レンタルサーバーなどではIPアドレスが他のユーザーと共通になるため、「同じ人物が運営している」「遅いサーバーを使っている」など、ネガティブな情報を検索エンジン側が持つと思われがちですが、そういったことはほぼないと言われています。

SEOに最も影響するのはコンテンツの内容?

レンタルサーバーはSEOに影響するか? | SERVERSUSにはこんなことも書いています。

特に、Googleは「検索クエリ(キーワード)との関連性と、コンテンツのオリジナリティが最優先」と公式に発表しているくらいですから、ページ速度が速いからと行って、コンテンツの劣っているページが上位表示されることはほとんどないでしょう。

逆に、コンテンツは優れているのにページ速度が劣っている場合は、高速なサーバーに移行することでSEOランクが上昇する可能性はあります。

SEO対策は自分のサイトが検索リストの1ページ目、さらには1ページ目の4-5件目に掲載されることを目標とした対策なので、その地位につけそうになってきた頃にサーバスペックを意識しはじめても良いかもしれません。

2つのSEO解説サイトも調べてみた

以下2つののSEO解説サイトも読んでみました。

数十のSEO対策のうち、サーバスペックに関わる項目は「スピード」の1つだけ

上記2つのSEO解説サイトの目次を見てみますと、数十あるSEO対策のうち、サーバスペックに関わる項目は「ページスピードを意識する」の1項目だけでした。

まさしく、「レンタルサーバーはSEOに影響するか? | SERVERSUS」で「ページ表示速度は100以上あるSEOランキング指標の一つでしかない」と書かれていた通りでした。

ドメイン名の引継ぎができればサーバを乗り換えてもSEOには影響しない

被リンクもポイント

これもSEOに影響する数十の要素の1つにすぎないのですが、被リンク(他者サイトに自サイトのリンクが貼られていること)もSEOに影響する要素なのだそうです。

なお、かつては被リンクの量のみが影響していたようですが、最近は被リンクしたサイトが有力サイトかどうかも考慮されているようです。

被リンクが影響するということは、サーバの乗り換えなどでドメイン名を引き継げるかどうかも考慮した方がよさそうです。

なぜなら、サーバの乗り換えによってドメイン名が変わってしまうと、せっかくの被リンクが失われてしまうからです。

サイトの運営期間はSEOに関係ない

きちほーしは、「SEOはサイトの運営期間が長いが方が有利」と聞いたことがありますが、どーやらそれも誤りなようです。

サイト運営期間は大切?/「ドメイン年齢」につきGoogleコメント

seopack.jp

ドメイン名の引継ぎができればサーバを乗り換えてもSEOには影響しない

以上のことから、ドメイン名の引継ぎさえ確保できれば、まずはスピードを気にせず安いサーバから初めてみて、自分のサイトの地位が上がるにしたがってスピードの速いサーバに乗り換えるのもありだと思います。

もっと言うと、自分のサイトが被リンクされている自信がなければドメイン名の引継ぎすらも考えなくてよいかもしれません。

初心者の内は「転送量」も気にしなくてよい

レンタルサーバ関連のページには、「転送量〇GB/日」と書かれています。

転送量って何でしょう?

参考:サーバーのデータ転送量とは? | 100社レンタルサーバー比較

転送量とは、ウェブサイトにアクセスされた時に、サーバーからアクセス元(ユーザー)のパソコンに送られる文字や画像、動画などのデータの合計量のことです。?

要するに、自分のブログやホームページを、読者のPCに表示できる、1日当たりのべ回数に関わるのが転送量だということですね。

例えばきちほーしのブログ1記事のファイルサイズが100KBだとします。

(実際は60KB程度ですが、計算しやすいように100KBとします)

転送量 1GB/日 のレンタルサーバの場合、1日当たりきちほーしの記事を表示できるのべ回数を計算すると、以下のようになります。

1GB ÷ 100KB = 10,000

つまり、1日のべ1万回表示できるようです。

多くのレンタルサーバの転送量は、数百GB/日、なのでサーバレンタル初心者はここにあまり気にしなくて良いと思われます。

余談:Googleの検索セントラルも読んでみた

SEOとは? 押さえておくべき24のSEO対策方法とポイント」というページには下記のようなことが書いていました。

Googleはページの読み込み・表示速度をできるだけ速くするように推奨しており、ランキング要因の一つであると明言しています。

他の解説サイトにも同様のことが書いてありますが、Googleがどこのページで明言しているのかよく分かりませんでした。

一応下記サイトがSEO関連のドキュメントだと思いザッと読んでみましたが、やっぱり書いていません。どこに書いてるんでしょうね??

Google に認識させる | 検索セントラル | Google Developers

さいごに

今回は、サーバレンタルを考え始めたきちほーしが、サーバスペックがSEOに影響する要素について調査したことをお話ししました。

レンタルサーバはスピードがSEOに影響するというようなことを各解説サイトで見かけましたが、他にもサイトの競争力に影響しそうな要素がないか調べました。

4つのサーバ解説サイトの共通項を調べてみたところ、
共通項目は「スピード」のみで、それも数十あるSEOに影響する要素の1つに過ぎず、SEOに最も影響するのはコンテンツの内容ということでした。
「共有レンタルサーバがSEOにはマイナス」という情報もあるようですがそれも誤りのようです。

2つのSEO解説サイトも調べてみたところ、
どちらも、数十のSEO対策を掲載していますが、そのうちサーバスペックに関わる項目は「スピード」の1つだけでした。

また、被リンクはSEOに影響する一方で、サイトの運営期間はSEOに関係ないようですので、ドメイン名の引継ぎができればサーバを乗り換えてもSEOには影響しなさそうなことが分かりました。
初心者の内は「転送料」も気にしなくてもよさそうです。

これらのポイントを踏まえて、次回は具体的にレンタルサーバを選定していきたいと思います。

———–サーバレンタル広告———–

??   

———–ドメインサービス広告———–

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました