ホーム » 健康生活できるかな? » 16時間空腹ダイエットできるかな? » 【16時間空腹ダイエットできるかな?】メタボ診断基準「腹囲:男85cm女90cm」は正しいのか?
a

【16時間空腹ダイエットできるかな?】メタボ診断基準「腹囲:男85cm女90cm」は正しいのか?

びっくり! 16時間空腹ダイエットできるかな?
びっくり!
Google Ads – upper
スポンサーリンク

メタボ診断基準「腹囲:男85cm女90cm」って身長によって変わりそうなんですがどうなんでしょう?
と思って今回いろいろ調べました^^。
この記事を読めばダイエットの目標が変わるかもしれません。

びっくり!
Google Ads – middle of contents

はじめに

ダイエットされている方の中には腹囲85cm以下または90cm以下を目指している方もいらっしゃると思います。

ご存じの方も多いと思いますが、これはメタボ診断基準ですね。

しかし!

なんと!

この「男85cm女90cm」は正しくない!!!

…かもしれまないのです!

きちほーしによる素人の誤解かもしれません。

ですが関連論文を読んでみて「どうやら正しくなさそうだぞ?」と思うようになりました。

きちほーしが調査した論文には何が書いてあったのか?

正しいメタボ腹囲はどれくらいなのか?

お話したいと思います。

※本記事の内容は素人きちほーしの個人的な意見です。

関連広告

エルセーヌ
たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】
エルセーヌの大幅減量ダイエット
メンズエステサロン【エルセーヌMEN】
メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
あなたのおうちがレストランに。肉に負けない野菜の旨味があるのに、1食108kcal~。野菜のスペシャリスト大平哲雄がプロデュースするオーガニックレトルト料理

関連投稿

16時間空腹ダイエットできるかな
「16時間空腹ダイエットできるかな?」の記事一覧です。

メタボの基礎知識

ここではメタボ、正式名称メタボリックシンドロームの基礎知識についてお話します。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは何なのでしょうか?

厚労省のサイトにはこのような書かれています。

メタボリックシンドロームとは、内臓肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさることにより、心臓病や脳卒中などになりやすい病態を指します。

e-ヘルスネット

さらに糖尿病情報センターのサイトにはこのように書かれています。

メタボリックシンドロームの方は、そうでない方と比べて、2型糖尿病になるリスクは約3倍、心血管疾患をおこしたりそれにより死亡するリスクは約3倍になるといわれています。

糖尿病情報センター

つまりメタボリックシンドロームとは、肥満な人が大きな病気や死亡につながりやすい状態のことを言うんですね。

腹囲だけではメタボと診断されない

皆さんは腹囲が一定値以上になればメタボになると思っていませんか?

きちほーしもそう思っていました。

ですがどうやらそうではないようです。

糖尿病情報センターによれば、メタボ診断の必須項目に該当しさらに別の諸項目の2項目以上に該当するとメタボと診断されるようです。

この必須項目が腹囲だったということですね。

メタボ診断の必須項目と諸項目

  • 必須項目: 腹囲が一定値以上であること
  • 諸項目
    • 血圧: 一定値以上であること
    • 空腹時血糖: 一定値以上であること
    • 中性脂肪: 一定値以上であること
    • HDLコレステロール: 一定値未満であること

つまり腹囲が一定値以上になった人は、メタボではないけれどメタボ予備軍ではある、ということです。

体の大きい人も小さい人も「男85cm女90cm」は変わらないの?

ここからが本題です。

どのサイトでもメタボ診断の条件は以下のように書かれています。

  • 男性 85cm以上
  • 女性 90cm以上

皆さんはこれに疑問を持ったことはないでしょうか?

この85cmとか90cmとかいう基準値は身長と関係ないのでしょうか?

一般的に高身長の人は低身長の人よりも腹囲は大きいと思うのです。

だから身長に関係なく基準値が一つしかないのはちょっと理解できません。

身長とメタボ腹囲の研究論文

10年以上前に同じ疑問を持った研究者がいた

上のような疑問をもったきちほーしは論文を検索してみました。

そしたらこんな論文があったのです。

10年以上前の論文です。

そこにはこんなことが書かれています。

日本のメタボリックシンドローム診断基準は,CTによる内臓脂肪面積100cm2に相当する腹囲が男性85cm,女性90cmであるという研究結果に基づいている。しかし,この基準値には体格を決定する身長の要素が全く考慮されていない

石原孝子, and 都島基夫. “メタボリックシンドローム診断の腹囲基準に身長要因を導入する必要性の検討.” 日本未病システム学会雑誌 14.2 (2009): 290-292.

まさしくきちほーしが疑問に思ったことが問題点として挙げられていますね。

さらにこんなことが書かれています。

(研究では)腹部CT撮影を含む検診コースを受診した3,898名(男性2,326名,女性1,572名)を対象とした。男女別に身長を基準に低・中・高の3分位に分け,それぞれ回帰分析により内臓脂肪面積(VFA)100cm2に相当する腹囲(WC)を調べた

石原孝子, and 都島基夫. “メタボリックシンドローム診断の腹囲基準に身長要因を導入する必要性の検討.” 日本未病システム学会雑誌 14.2 (2009): 290-292.

どうやらメタボ診断の必須項目である腹囲85cmや90cmは内臓脂肪面積100cm2というのに基づいているようですね。

そして筆者たちは数千人分のCTスキャンデータを使って内臓脂肪面積と腹囲を実測したようです。

それで内臓脂肪面積100cm2に相当する腹囲がいくらかを換算して、低・中・高身長別に集計したようです。

メタボ診断の腹囲基準は男女で違う!

数千人分のCTスキャンデータを使って内臓脂肪面積100cm2に相当する腹囲(メタボ腹囲を低・中・高身長別に集計しました。その結果は次のとおりです。

低身長群中身長群高身長群
身長の範囲(cm)160-165.5167-170172-178.5
内臓脂肪面積100cm2相当の腹囲(男)(cm)86.588.589.9
内臓脂肪面積100cm2相当の腹囲(女)(cm)93.193.894.6
CTスキャンデータに基づいて計算した内臓脂肪面積100cm2相当の腹囲

皆さんはどんな感想を持ちましたか?

きちほーしの感想はこんな感じです。

  • やっぱり身長でメタボ腹囲変わっている!でも男性だけっぽい
  • 低身長でも85cm90cm超えてる!

メタボ腹囲が身長で変わりそうだというのは、きちほーしの予想通りでした。

ただ、低・中・高の腹囲差は男性が2cmほどであるのに対し女性は1cm未満です。

論文もメタボの診断基準について、男は身長で変わるが女はさほど変わらないと結論づけています。

この結果に基づくとメタボ診断基準(正確にはメタボ予備軍の診断基準)はこうなります。

  • 男性: 腹囲86cm~90cm(身長による)
  • 女性: 腹囲93.5cm前後

ちょっとややこしいですね^^;。

男性の腹囲は身長が関係して女性は関係しないというのは、混乱してしまうかもしれませんね。

「男85cm女90cm」としているのはそういった混乱を考えてのことかもしれません。

ただちょっと気になったのは低身長の人でもメタボ腹囲が85cm90cmを超えているということです。

メタボ腹囲が85cm90cmというのはかなり厳しめに設定された基準値だったんですねー。

(参考)メタボ診断の腹囲基準については10年以上前から批判が多かったらしい

同論文にはこんなことも書かれています。

メタボリックシンドロームの診断基準には問題点が多く指摘されており,腹囲基準については特に批判が大きい。

この論文は10年以上前の論文です。

つまり10年以上前から「腹囲85cm90cm」という診断基準については批判が多かったということです。

もっと論文を漁ればいろんなメタボ腹囲の基準値が出てくるかもしれませんね。

(参考)メタボ診断基準の「内臓脂肪面積100cm2」について

きちほーしと同じ疑問を持った論文の筆者たちですが、きちほーしが共感しにくかった箇所があります。

それはメタボ診断基準の「内臓脂肪面積100cm2」について、身長の要素が考慮されていない点です。

「メタボ腹囲が身長を考慮していないのはおかしい!」と言っているのに、内臓脂肪面積は身長について触れていないのです。

もしかしたら「メタボ診断基準は内臓脂肪面積100cm2だ!」と結論付けた研究が身長と関係ないことを示したのかもしれません。

というわけでその論文を探してみました。

英語です。きちほーしが苦手な英語です^^;。

とりあえず概要だけ機械翻訳しました。

本研究は、肥満関連の合併症に関連して日本で「肥満疾患」を分類するための適切な基準を確立するために設計されました。

(省略)

障害の数は100cm2のVFAで1.0を超え、複数の危険因子を持つ被験者を決定するための感度と特異性の最良の組み合わせは100cm2のVFAでした。

(省略)

肥満関連障害と胴囲のリスクを示すものとして、VFA(内臓脂肪面積)のカットオフポイントを100cm2に設定することは合理的です。

ここでは身長については言及されていません。

身長を考慮しなくても「VFA(内臓脂肪面積)のカットオフポイントを100cm2に設定することは合理的です」としています。

つまり身長に関係なく「内臓脂肪面積100cm2を超えると肥満関連障害が発生しやすい」という結論になったようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はメタボの診断基準として定着している腹囲について「男85cm女90cm」が間違いかもしれないことについてお話しました。

そこで関連論文を読んで、以下のようなことがわかりました。

  • 身長でメタボ腹囲は変わりそう。ただし男性のみ。
  • メタボ腹囲「男85cm女90cm」は厳しめの基準値っぽい
  • この論文によるメタボ腹囲は以下の通り
  • 男性: 腹囲86cm~90cm(身長による)
  • 女性: 腹囲93.5cm前後

たった一つの論文しか読んでいませんが、この論文の結果を信じれば腹囲の目標はもっと緩めてもいいかもしれませんね。

ただ、腹囲がキュッと締まっていたほうが見た目もいいことに変わりはありません。

「男85cm女90cm」は飽くまでも理想の目標にして、これを多少超えたとしても健康上気にしない方がいいかもしれませんね。

ではまた!

;wid=002&eno=01&mid=s00000006941019019000&mc=1″>



脚がやせにくいあなたに「ナーヴ」目指せ!合計-8cm美脚体験【エルセーヌ】





「目指せ!合計-8cmやせる体験」エルセーヌに行ってみた!





メタボリックなお腹の脂肪を燃焼系ボディに【エルセーヌMEN】





エルセーヌの大幅減量ダイエット



エルセーヌ



「小顔ハリ美肌コース」エステ体験





たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】





「小顔」体験キャンペーン!リピーター続出【エルセーヌ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました